株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

<施工事例>更新しました

  • 2018年5月20日14:00

こんにちは!

施工事例を2件更新しました!



IMG_2582(改).jpg
多賀町の物件は、

玄関横のタイル壁の裏側に大きな吹抜のLDK空間が広がります。

キッチンの後ろの扉の中には、カップボード・パントリー・外部物置へのルートが隠れています。

さらに、キッチン隣には洗面所がつながっているので、家事動線がギュッとコンパクトにまとめた

使いやすい設計になっています。





IMG_1974(改).jpg
彦根の物件は、

リビングとダイニング・キッチンをずらして配置し、

そのずれた間のスペースに3帖の和室と、ウッドデッキを配置しました。

それぞれの空間がやわらかく繋がるので、どこに居ても声が届き家族の様子を感じることができます。



IMG_2039.JPG
まだ更新できていない物件もたくさんありますので

ちょっとずつでも更新していきたいと思っています。


是非、施工事例のページをご覧下さい☆


<白井>



【LA COLLINA近江八幡】回廊工事完了

  • 2018年5月10日10:00

こんにちは。

みなさん楽しいゴールデンウィークを過ごせましたでしょうか。

IMG_3889.JPG
ラコリーナ近江八幡では、草花たちがすくすくと背を伸ばし、花をたくさん咲かせています。


そんな中、先日回廊の接続工事が完了しました。


20180212 (2).JPG
数ヶ月前までは、写真左側の回廊は、右側の棚田の手前で止まっていました。

しかし、実は計画当初より建築家 藤森先生のスケッチでは、

この回廊は、棚田につながり連続する絵がありました。

IMG_3890.JPG
工事方法の関係で、棚田への接続工事として分けて

今回ついに棚田と回廊がつながりました!

ラコリーナの敷地をグルッとまわる回廊の芝屋根と棚田の山なりが連続し

より一層この空間に一体感を与えてくれます。


IMG_3893.JPG
棚田とつながった部分へは、扉を通って入ることができます。

もうじきラコリーナの田んぼも田植えの季節です。

お越しの際は是非、扉の中へも入ってみて下さい。



<白井>

【野洲の家】ボード貼り

  • 2018年4月27日16:00

こんにちは!

明日からゴールデンウィークという方も多いのではないでしょうか。


今日は「野洲の家」での工事の様子をご紹介します!



IMG_0481.JPG
1階のLDKは、天井のボード貼りが完了していました。

天井には、天井埋込式のエアコンが設置されています。



IMG_0472k.JPG
今回LDKには、2本の柱が現れるようになっています。

緑色の保護材で傷つかないようにしています。

柱の奥には、小上がりの和室があります。



IMG_0475.JPG
2階の居室は、壁のボードも施工されていました。

だいぶ仕上がってきたように見えますね!

このボードの上にクロスを貼っていきます。

IMG_0477k.JPG
階段を上がったところから見た、2階のホールの様子です。

天井には、室内物干し用の昇降式物干し竿を埋め込む予定です。

吹抜の部分は洗濯物が乾きやすく、冬や花粉の時期には重宝します。



また、進捗をお伝えしますね♪

<白井>

【大津の家】断熱材

  • 2018年4月23日10:00

こんにちは!

一気に気温があがり暖かくなりましたね。

守山事務所の周りも植物がグングン育ち、花が咲き、

チョウチョも舞って、すっかり春の風景です。



大津の家では、先日断熱材の吹付工事が完了したので

スタッフの松本と設計担当の私 白井で現場確認へ行ってきました。


IMG_3888o.JPG
フライング・シーでは壁と屋根の断熱材として、現場発泡ウレタンフォームを採用しています。

従来の材料を敷き詰める方法とは異なり、現場にて、直接スプレーを吹き付けて施工します。

最初は液体状なので、小さな隙間まで入り込み、そこから1,2秒程でモコモコに膨らんで、断熱材ができあがります。



IMG_3884.JPG
モコモコの中身は小さな空気の泡なので、環境にも人にも優しい素材です。

断熱材が密着し、すきまが無くなることで、家の中の温度差が小さくなり、快適に過ごしていただけます。

また、断熱が良く、すきまが無いということは、エアコンが効きやすく、冷めにくいということでもあります。

つまり、家計の味方でもあるということですね!!

00010.jpg


IMG_3886.JPG
天井断熱ではなく、屋根断熱とすることで、小屋裏の空間も活用することができます。

小屋裏としての天井高さは1.4mまでと決まっているので、目一杯まであげています。

小さなお子様は、まっすぐ立てる高さなので、秘密基地にももってこい。

こちらも6帖と収納には十分な広さです。


IMG_3883.JPG
天井材を貼るための骨組みが格子状に組まれています。

この日は大工さんと少し打合せをして、現場確認は終了しました。


このあと、気密検査や電気配線などが進んでいきます。

また工事状況をお伝えします。

<白井>

【大津の家】サッシ開口

  • 2018年4月16日11:00

こんにちは!


先日上棟した大津の家では、着々と大工工事が進んでいます。

IMG_3841.JPG
建て方にて骨組みを組み上げた後は、

まず外壁に合板を貼り、外回りを閉じていきます。

こうすることで、工事期間中雨が降った場合でも内部の木材が濡れることを防ぐこともできます。

安全のための外部足場のシートで、外観のようすのしばらくの間おあずけです。


IMG_3822.JPG
ボードを貼ったら、窓開口部分に木材を組んで、ボードに開口を設け、

サッシが取り付けられます。

こちらは南向きのリビング・ダイニングの様子です。

今回のお家では、ダイニングを和室とした床座スタイルです。

和室の部分には低い位置にある地窓を設けています。




IMG_3818o.JPG
子供室と、柱の向こうには寝室のスペース

子供室の窓は、勉強机が窓下に収まるように、窓高さを調整しています。



IMG_3833o.JPG
最上階の小屋裏収納からは、テラスで外に出られるようになっています。



IMG_3836.JPG
テラスからの景色がこちら!!

キレイな山並みを眺めることができます。

さらに正面には、琵琶湖も見ることができ、琵琶湖花火もここから見ることが出来そうです!

完成が楽しみです。


また、工事の進捗状況をお伝えします。


<白井>

最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP