株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

【近江八幡の家】基礎工事①

  • 2019年2月11日10:00
~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士事務所~



こんにちは。

本日は近江八幡の家の基礎工事の様子をお送りします。

写真は丁張りといって基準を出しているところです。

IMG_6457.JPG
写真ではほとんど見えないですが、細い糸が張ってあります。

図面をもとに専用の機械を使って基準線を出し、糸を使って建物の位置を正確に出していきます。






IMG_6476.JPG
基準線が出たら、基礎の幅と深さに合わせて掘り起こしていきます。




IMG_6472.JPG
掘り起こした後の全体の様子です。

土の上には防湿シートを敷いています。

これで基礎の下の部分の整形が完了です。





IMG_6483.JPG


また建物の中心の位置には、鎮物を納めます。

鎮物は、地鎮祭の日に神社さんからいただく土地の神様をしずめるために地中に埋めるものです。

これを鎮めることによって、工事の安全祈願と、建物完成後に暮らすご家族に安穏と幸福をもたらすと考えられています。



このあといよいよ基礎を整形していきます。


<白井>


~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士事務所~

【近江八幡の家】地鎮祭

  • 2019年1月17日11:00
~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士事務所~





こんにちは!

新年があけて早くも2週間が経ちました。

改めて本年もどうぞよろしくお願い致します。



IMG_5413.JPG
昨年12月に近江八幡でも計画がスタートしました!

住宅地の中でも裏手が開けた畑が広がる気持ちの良い土地にて

新たな住宅工事が着工するにあたり、地鎮祭を執り行いました。



IMG_5421.JPG
この日は、急な冷え込みで風が冷たく雪も心配ありましたが、

地鎮祭を始める頃には、良いお天気となりました!!

お施主様ご夫婦とご両親様にもご列席いただき、

弊社からは代表の中谷、現場担当の田中、設計担当の白井が出席しました。



IMG_5427.JPG
地鎮祭は、基礎工事をはじめる前に、

土地の神様を祭り、工事の安全を祈願します。




IMG_5456.JPG
地鎮の儀では、お施主様に鍬(くわ)で砂を起こし、

施工者として現場担当田中が鋤(すき)で砂を均します。




IMG_5475.JPG
今回の地鎮祭でのお供え物はお施主様にてご用意下さいました。

山の幸、海の幸として果物や野菜、お魚、昆布などをお供えします。



無事に地鎮祭を終え

年明けより早速工事が進んでいます。

工事の様子はまたお伝えしますね。


<白井>



~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士事務所~

【守山の家】造成工事

  • 2018年12月22日13:42
こんにちは、今日は新しい物件【守山の家】の紹介です。

お家の計画地が農地である場合、「土地の開発」を行います。

「土地の開発」とは、大まかにいうと宅地にできるよう土地の設計
(土質の改善・排水枡、水道メーターの設置・上水等の引き込み・雨水の放流先等)

を行い役所に許可を得てから工事を行い完了ご報告する事です。

【守山の家】では、上記の「土地の開発」が必要なため、届出を経て工事を行っています。

DSCN2746.JPG
写真は雨水の放流先を設置している所です。

樋から集まった雨水はここに集められてから放流されます。

こちらは隣地境界のブロック塀を施工しているところです。

境界線との取り合いはミリ単位なので非常に細かい施工精度が要求されます。

今回は江口グループの石塚氏に施工をお願いしました。

石塚氏はラコリーナ近江八幡でも外構工事の施工に参加した職人さんで、

今年度の秋村グループにて、多くの職人さんの中から優良職長として選出され、

表彰を受けておられます。

写真はブロック塀の基礎を打った後の天端のレベルを測定している所です。

施工後のチェックも、大切な仕事です。

DSCN2763.JPG
敷地の西側には施主様の要望でシンボルツリーを植樹しました。


DSCN2761.JPG
後は検査を受けて、地鎮祭を執り行い、建物の着工へと進んで行きます。

進捗は都度お伝えしますのでお楽しみに!

〈田中〉

<OB住宅見学会>

  • 2018年12月 4日10:00
~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士事務所~




こんにちは。

あっという間に12月ですね。一年がほんと早く感じます。

事務所のほうでもバタバタと師走の雰囲気が出てきていますが、

これから動く現場もたくさんあるので気を引き締めていきたいと思います!




先日、OB様のご自宅にて見学会を行いました!

現在計画中のお施主様ご夫婦も、OB様の実際に住んでみての感想や計画していくにあたってのアドバイスなど

お話できる機会になったので、設計の私を含め、住んでいる様子が拝見できるのは大変参考になりました。


KIMG0833.JPG
キッチンにいるOB様と計画中お施主様と服が被ってしまう私、、、

ちょうどウッドデッキの話をしているときでしょうか。

こちらのお宅はお子様が3人いらっしゃるので家の中で遊んでいる様子なども参考にさせていただきました。

リビングから繋がる広いウッドデッキは屋根もあるので雨の日の遊び場に活躍しているそうです!





KIMG0839.JPG
玄関の一角に設けた飾り棚スペースには奥様が作られたアレンジメントも飾ってありました!




KIMG0840.JPG
外壁や、木部の色も実際にみるとイメージがつきやすいので

計画中のプランと参照しながらどういうお家にしていくかお打合せをしていきます。



KIMG0842.JPG


ご自宅を開放してくださったOB様ありがとうございました!!

計画中お施主様もすごい参考になりましたと喜んでいただけたようで良かったです。

これからの計画も楽しみです。

<白井>


~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士事務所~

【ラ コリーナ近江八幡】カリフォルニア大学の学生さん 視察

  • 2018年11月12日17:26
建築家 藤森照信先生との共同設計物件である たねやさんのお店"ラコリーナ"には
時々先生のつながりのある方々のご案内をする機会があります。

藤森先生の教え子でもあるカリフォルニア大学建築学科の先生が
日本への短期留学プログラムの一環で 学生さんとラコリーナを訪れるということでご案内しました。

01 ラコリーナの秋 2018-1.jpg



02 草屋根 学生さんの見学.jpg



04 ラコリーナ 国旗で歓迎.jpg
ラコリーナに学生さんが来訪される際は、草屋根の壁面に母国の国旗を掲げて歓迎してくださいます。
 なんと粋なはからいですね。
 きっと学生さん達にも歓迎の気持ちが伝わるでしょうね。


05 ラコリーナの秋 2018-2 .jpg

06 ラコリーナの秋 2018-3.jpg

08 土塔 カラフルなサイン.jpg

07 ラコリーナの秋 2018-4.jpg

いつも、多国籍な感じで こちらは、日本語が話せる先生や一部の学生さんを介してのご説明ですが、
藤森作品に直接触れて 喜んで帰っていかれる姿をみて嬉しくなります。

"栗百本"という建築は栗の木の柱を100本使っている~という説明をするのに
栗を「マロン」と訳していたのですが、不思議そうな顔をされていたので後で調べると
栗は「チェスナット」というようです。 → "100 chestnut trees" 
 英語力の無さが情けないです。。。


秋のラコリーナもきれいで何枚も写真を撮ってしましました。
また、皆さんも 栗のお菓子などがねらい目の季節です。是非行ってみて下さい!!



~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー 一級建築士設計事務所~

最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP