株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

認定低炭素住宅について

  • 2016年8月19日10:00
こんにちは

今回は認定低炭素住宅についてお話させてもらいます!!

低炭素住宅??名前からは少し読み解きにくいかもしれません。

でも仕組みは簡単!!
 
2つの基準をクリアしていれば良いのです。

20160819_11.jpg

  さらに2つの基準のうち一つは好きに選択できます!

  (4つの中から2つです!高校時代の選択科目みたいな感じです♪)

  唐突ですが、「5分で分かる低位炭素住宅」 開始します!!

①エネルギー対策(必須項目)

20160819_21.jpg

     省エネ基準の家の1次エネルギー消費量を100とすると

     低炭素住宅は、それより10%以上の削減がされているとOK!!

     となります。

     (※1次エネルギー消費量⇒光熱費をお金ではなく熱量(単位 "J" ジュール)に換算した値)

②省エネ対策(選択項目;A~Dより2つ選択

20160819_3.jpg
     1つ目は、水の節約に関することです。

     ①の節水型の住宅設備には トイレ・水栓・食洗機などがあります。

      (なんとトイレに関しては現行の製品であればほぼすべてが節水タイプです!!)

     ②は水の再利用です。雨水タンクの水で野菜をつくったり、井戸水をポンプでくみ上げて車を洗ったり
     
      といったイメージです。

20160819_4.jpg
     2つめは、家のエネルギー管理についてです。

     ①エネルギー管理システムは、家の中のエネルギー消費を自動管理するマシンの導入です。

      近未来的な話ですが、実用化されています!!

     ②蓄電池は、停電の際に普段と同じ生活ができる優れものです。

20160819_5.jpg
     3つめはヒートアイランド対策です。

     ①~③では建物や地面を緑でおおって、熱やCO2を吸収します。

     ④は逆転の発想で、熱や日射を反射して地面の温度が上がるのを阻止する方法です!!
 
20160819_6.jpg
     4つめは建物材料を環境負荷の少ないものにする。

     または劣化の対策を行うというもの(この対策は長期優良住宅のものと同じ)です。

 ★補足の話(実は、、、、)

   お気づきかとは思いますが、木造住宅を新築すれば(A節水トイレ+D木造建築物)で
 
   低炭素住宅は半分完成したようなものです。(①の省エネ対策で1消費エネルギーの計算は必要です!!)

 ★補足2(どこでも建てられるわけではない!!)

   実は認定低炭素住宅は住宅だけの法律ではなく、

   都市のエコ化を図る法律(「通称〈エコ街法〉」の中の住宅に関する規定に従っています。

   裏を返すと、建物の場所がどこでも良いわけでは無い(市街化区域の中だとOK!!)と言うことです。

ですので低炭素住宅の認定を考えられている際は事前にご相談ください。

以上、低炭素住宅についてでした!

次回もお楽しみに♪

〈田中〉

長期優良住宅の優遇について

  • 2016年8月12日10:00
こんにちは、オリンピックが始まりましたね。

私は、陸上男子日本代表のとある選手に似ていると言われるので、

応援する意味でも、仕事もブログも頑張っていこうと思っています!!

さて、今日は長期優良住宅のメリットについてです。

★3つのメリット

20160810_1.jpg

     (長期優良住宅)の認定を受けると

     ①補助金が受けられる。
  
     ②ローン金利が下がる。

     ③税金が控除される。

     の3つのメリットがあります。

     順番にみていきましょう。

①補助金が受けられる。

20160810_2.jpg

     これは少し前にお話させていただきました。


     のことです。100~120万の補助金が受けられます。

②ローンの金利が下がる

20160810_3.jpg

     フラット35Sにおいて0.3%の金利が引き下げられます。

③税金が控除される

・登録免許税

20160810_4.jpg

     お家をたてると、

     この家は私のものです!と届出が必要なのですが、
  
     この際の手数料が安くなります。

     率にして0.1%(普通の住宅より0.05%オトク)です。

・固定資産税

20160810_5.jpg

     所有権の登記(上記の処理)を行うと

     次の年から、固定資産税(土地・家屋にかかる)を毎年、納めねばなりません。

     この税金が安くなります。(5年間半額

・不動産取得税

20160810_61.jpg

     お家を買うと、不動産取得税

     を納めなければなりません。

     課税対象額から1300万円引いて良い!となっています。
    
     (課税対象額✕3%で算出します。)

・所得税

     所得税が安くなります。

     仕組みは長くなりそうなので、また今度お話させて下さい。

以上、色々お得な長期優良住宅のお話でした。

次回もよろしくお願いします♪

〈田中〉

長期優良住宅について

  • 2016年8月 5日10:00
こんにちは、先週守山の家の紹介

http://www.flying-c.co.jp/blog/2016/07/post-384.html)をしましたが、

守山の家は長期優良住宅の認定をうけています。

では、長期優良住宅とは何でしょう?

釈迦に説法かもしれませんが笑、「五分で分かる長期優良住宅」はじめます。

★長期優良住宅とは?

   長期優良住宅ってなんでしょう?

   簡単に言うと「めちゃくちゃ長持ちする住みやすい家」です。

   住宅の寿命の設定も、今までのものを30~50年なのに対して、

   長期優良住宅は75年~100年と大幅に長くなっています。

   もちろん、長持ち+快適性を実現するには工夫が必要ですよね。

   国は、7つの柱(注意していえづくりするべき点)を設定しています。

★7つの柱

①壊れにくい

20160805_1.jpg
     家の強度に関する規定です。

     耐震等級※を2以上とりなさいよと決められています。

    フライングシーではほぼすべての家で、これよりワンランク上の耐震等級3を取得しています。


②劣化しにくい

    2つ目は、家が劣化(徐々に木材などが腐るなど)が無いようにしなさい!

    というものです。

    ・床と天井には劣化を確認する点検口の設置

    ・床下空間はの換気及び点検がなされるように33cm以上
 
     などがあります。

③直しやすい

20160805_2.JPG

     車と同じで住宅も使っていると故障します。
  
     代表的なのは、排水管の詰まりです。

     詰まってしまった場合、排水管ごと取り出せるように(最終手段ですが)工夫することなどのきまりがあります。

     (写真は上記の取り替え工事を可能にする配管の施工を行っているところ(さや管の施工);安土O邸の床下)


④温度変化が少ない

20160805_3.jpg

     どんなに強い家でも、夏暑くて、冬寒い!となると住み手が駄目になってしまいます。

     そうならないように、家の断熱性を上げなさい!というのが決まりになっています。

     フライングシーでは断熱+気密性の確保できる〈吹付断熱〉採用しています。

     写真は近江八幡の家(長期優良住宅の断熱施工の様子です!クリックでジャンプ)

⑤小さすぎない

     断熱性を確保した家でも狭すぎると、圧迫感を感じていまいます。

     長期優良となるためには、床面積が75㎡※以上と決められています。(2階建て以上は1つの階が40㎡以上)

⑥こまめに点検する

     病気が初期段階で治りやすいのは、人も家も同じ

     とにかく点検を行いましょう。というのが定められています。

     工事が終わると施工業者は、点検の計画(いつ、どこを行うか)を提出する義務があります。

⑦見直ししやすい

     人に異常が見つかった場合は、レントゲンをとります。

     住宅のレントゲンは、設計図と写真です。長期優良住宅では施工の過程と設計図を記録し残しなさい!

   ということが決められています。

以上7つ紹介しました!

リンクに貼っている最近の施工物件の記事もおもしろいので是非読んで下さい♪

〈田中〉


【補助金の話】 地域型住宅グリーン化事業

  • 2016年7月22日10:00
こんにちは、今日は日に日に暑くなる現場を離れ、補助金の話をしていきます。

今回、紹介するのは

【地域型住宅グリーン化事業】です。

この補助金、実は〈新築タイプ〉と〈改修タイプ〉があるのですが、

今回は〈新築タイプ〉について簡単にお話させてください!

地域グリーン化1_1.jpgこの補助金で受けられる補助は

・長寿命型 100万円
・高度省エネ型(低炭素) 100万円
・高度省エネ型(ゼロエネ) 165万円 
 の3つのタイプです。

さらに、構造体に地域材(合法木材)を使用すると、10万又は20万の追加補助が受けられます。

----------------------------------------------

【補助金の仕組み〈補助金の申請編〉】

地域グリーン化2-24.jpg

【事務局(その地域の材木屋さんがする事が多い)】が国からまとまった補助金枠をもらってきて、

【事業者(設計業者、施工業者)】に配る様なイメージです。

補助金を受ける際は、【事務局】が定めた良質な家づくりのためのルールに従って設計施工を行います。

----------------------------------------------

【補助金の仕組み 〈お金の流れ編〉】

地域グリーン化2-33.jpg

補助金は【国】から【事業者】に直接給付されます。

そのお金は【事業者】から【建築主(お施主様)】にお渡しするか、

給付の時期が遅い場合は【事業者】が立て替えて、契約時金などから値引きしておくのが一般的です。

----------------------------------------------

申請などはどうするの?と心配されるかもしれませんが、もちろん事業者が責任を持ってすべて行いますよ♪

次回は具体的に【長寿命】【低炭素】【ゼロエネ】の補助金のタイプごとにお話できればと考えています。

お楽しみに♪

〈田中〉

エネルギーパス

  • 2014年9月18日12:29
お世話になります。
日本エネルギーパス協会事務局です。
 
この度ご提出頂いた課題を採点しました結果、
合格基準を達成されましたので、エネルギーパス認定研修を修了とし
エネルギーエージェントに認定いたします。
 
無事にエネルギーエージェントになれたようです!
いささか恥ずかしい呼び名ですが・・
エネルギーエージェントとはあるソフトを使って家の燃費を出すことが出来る資格です。
そのソフトとは「エネルギーパス」と呼ばれるドイツ発祥の家の燃費を出す「ものさし」です。
 
車や家電では燃費が示されてるのに最も高価な家には燃費を示すものがないのは
不思議に思われたことはありませんか?
EU諸国ではエネルギーパスを使って「家の燃費」を示すことが義務化されてます。
いずれ日本もそのような義務が課せられるかもしれません。
既にエネルギーパスを活用していこうという自治体も現れ始めていますが。
 
アキムラフライング・シーでは省エネ住宅を基本としていますが、いくら性能がいいですよ!
って言ってもなかなか一般の方にはどの程度か解らないかと思います。
しかしエネルギーパスでは年間の光熱費まで示すことが出来るんです。
光熱費のような具体的な金額を示すことができると家の省エネ度が一目瞭然ですよね!
 
これからはこの国際規格に基づく建物の燃費を表示できるエネルギーパスを使うことでお客様に
少しでもフライングシーの家造りが理解していただけるように頑張っていきたいと思います。
 
<岸本> 
 

最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP