株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

【守山の家】造成工事

  • 2018年12月22日13:42
こんにちは、今日は新しい物件【守山の家】の紹介です。

お家の計画地が農地である場合、「土地の開発」を行います。

「土地の開発」とは、大まかにいうと宅地にできるよう土地の設計
(土質の改善・排水枡、水道メーターの設置・上水等の引き込み・雨水の放流先等)

を行い役所に許可を得てから工事を行い完了ご報告する事です。

【守山の家】では、上記の「土地の開発」が必要なため、届出を経て工事を行っています。

DSCN2746.JPG
写真は雨水の放流先を設置している所です。

樋から集まった雨水はここに集められてから放流されます。

こちらは隣地境界のブロック塀を施工しているところです。

境界線との取り合いはミリ単位なので非常に細かい施工精度が要求されます。

今回は江口グループの石塚氏に施工をお願いしました。

石塚氏はラコリーナ近江八幡でも外構工事の施工に参加した職人さんで、

今年度の秋村グループにて、多くの職人さんの中から優良職長として選出され、

表彰を受けておられます。

写真はブロック塀の基礎を打った後の天端のレベルを測定している所です。

施工後のチェックも、大切な仕事です。

DSCN2763.JPG
敷地の西側には施主様の要望でシンボルツリーを植樹しました。


DSCN2761.JPG
後は検査を受けて、地鎮祭を執り行い、建物の着工へと進んで行きます。

進捗は都度お伝えしますのでお楽しみに!

〈田中〉

【近江八幡 町屋 改修】大工工事1

  • 2018年9月19日10:00
~ 滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー 一級建築士設計事務所 ~




こんにちは、今日は近江八幡の伝統建築地区に来ています。

ここで、町屋の改修を行っているのでその様子をお伝えします。

2018019 (1).JPG
古くなった建築の躯体を残し、年月を重ねた良さを残しながら、

改修を行います。

2018019 (2).JPG
中のようすを見てみましょう。

2018019 (10).JPG
内部の造作も進んでいます。



2018019 (13).JPG
進捗は追ってお伝えします。

〈田中〉



~ 滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー 一級建築士設計事務所 ~


台風被害

  • 2018年9月13日17:00
~ 滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー 一級建築士設計事務所 ~


こんにちは。

台風や地震など、自然災害が相次いでいますが、

皆さんのお家は大丈夫でしたでしょうか。



工事中の現場は事前対策の甲斐あってか、幸いどこも無事だったのですが、

事務所の横の大きな木が折れてしまいました。


植栽(倒木).jpg

道路にもかかり危険だったので、先日さっぱりカットしてもらいました。

立派に育っていた木だったので、少し残念ですが、

光が入り少し明るくなったような気がします!笑


他にも、事務所に周りには実のなる木々がたくさん植えてあるのですが、

せっかく秋に向けて実ってきていたイチジクや栗、プルーンなど

みんな飛ばされて落ちてしまっていました。



かなり大きな台風だったので飛散物等による被害も多く、

各物件の修復作業を順次行っております。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、一日も早い復旧をめざして対応させていただきます。


<白井>





~ 滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー 一級建築士設計事務所 ~

【ラ コリーナ 近江八幡】 ガレージショップ竣工前外構2018③

  • 2018年9月 7日10:00
~ 滋賀・京都の注文住宅・工務店 アキムラ フライング・シー 一級建築士設計事務所 ~



こんにちは

以前お伝えしていました「ラコリーナ 近江八幡」の外構工事がほぼ完了しましたので、

様子をお伝えします。

20180907 (3).JPG
床工事自体は完了しています。

奥に見える白いヘルメットの業者さんは美装屋さんです。

美装屋とはクリーニング専門の業者さんです。

平板コンクリートのヨゴレを1枚づつ取り除いている作業の最中です。

左に居るのは、工事担当者の林です。

仮囲い(奥に見える工事用フェンス)の撤去の日時を業者に連絡しています。

20180907 (1).JPG
以前仮囲いの位置にあった壁のアートも奥に移設しました。

床の勾配・タイルの割り付けなどを適度に調節して、既存のアートが復元できるように施工を行っています。

20180907 (2).JPG
仮囲いを撤去すればお引き渡しの準備完了です。

残りの作業も、天候など様子を見ながら、安全に進めて行きます。

〈田中〉



~ 滋賀・京都の注文住宅・工務店 アキムラ フライング・シー 一級建築士設計事務所 ~

プランニングの手書きパース

  • 2018年8月17日10:00
~滋賀・京都の注文住宅工務店 アキムラ フライング・シー 一級建築士設計事務所~



こんにちは。

お盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。

朝晩と涼しくなり、少し過ごしやすくなりましたね。




今回は、プランニングご提案の際のパースについてご紹介します。

パースとは、建物の外観や室内のようすを、立体的に表現した絵のことをいいます。

図面ではよく分からない、空間や素材感などがイメージしやすくなります。




最近では、3Dを使ってデジタルで作れるものも主流になり、

まるで写真で撮ったかのような完成予想図を作ることができる時代となっています。




フライング・シーでも3Dパースは取り入れており、プラン提出やお打合せの際に活用しています!

が、写真の精度にするのは結構むずかしい、、(私だけかな、、?)




ココはこう作りたいのに、パソコンでは思うように表現できない、、

もう手で描いた方が早い!!ってなります。笑


内観パース4.jpg

プランニングの時点から鉛筆を握って間取りも考えているので

わりとアナログ派なのかもしれません。。

内観パースは、ベースだけCGでつくり、それを基に手書きで描き足します。

描きながら、こうした方がいいかも!と変えていったりもします。


内観パース1.jpgプレゼン前は、だいたい直前までプランを練って粘っていることが多いです。

なので手書きパース仕上げるときには、ギリギリの状態です。

それでも、ラフ画でも内観のイメージがあるほうが、

よりお施主様に伝えられるかなという気持ちで描いています。



その他にも、CGで外観と周辺の様子を表現したり、

模型を作ったりと、そのお家のプランニングに合わせて

伝わりやすいもの選んでご提案しています。



自分たちの暮らしはどういったイメージか。

そういうお話をお聞かせいただけると、いろんな想像がふくらみます。



<白井>

~滋賀・京都の注文住宅工務店 アキムラ フライング・シー 一級建築士設計事務所~

最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP