株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

【草津の家】オープンハウス御礼

  • 2021年9月 3日16:34
先週末 草津の家で見学会をさせて頂きました。

ご見学に来て頂いた皆様ありがとうございます。


吹抜リビングダイニング.jpg


子供室&ホール.jpg
リビング沿いのベンチは陽当りもよく、きっと家族の一番人気スポットになるのではと思います。


リビング吹抜の場合には、階段もオープン階段とする事が多いなか、

リビングからは階段がみえないものの、空間としては家全体が繋がっている

という所を見学に来られたお客様に注目して頂いていました。


お客様には自分たちの家づくりのイメージを膨らませるいい機会になったのではと思います。

こういった状況ではありますが、お家をお借し頂いたお施主様本当に有難うございます。

【草津の家】8/28,29オープンハウス告知

  • 2021年8月21日17:00

こんにちは。

「草津の家」が完成の迎え、オープンハウスを開催することとなりました。

8/28(土)、29(日)の2日間限定なので、ご興味ある方は是非ご予約ください!!

今回は、「草津の家」の中の様子をご紹介しようと思います。

IMG_1369.JPG
変形地の敷地形状に合わせて斜め壁を使ったり工夫をして、敷地を有効的に使えるように間取りにもこだわりました。

吹抜けのリビングスペースには、大きな開口部下にベンチを作って座ってくつろげるスペースを作りました。

足元はカゴ収納ができるようにしています。

壁掛けテレビを設置する場所には間接照明を仕込んで、

さらに電動プロジェクタースクリーンを設置できるようにしました。

キッチンは回遊できるようにし、横並びダイニングで家事もしやすい間取りになるようにしました。



IMG_1371t.JPG
洗面所は鏡の上下に間接照明を仕込んで、ホテルのような仕上がりになりました。

左側にはスツールを置いて、メイクができるスペースに。

ハイバックのボール一体カウンターで、水しぶきの掃除もしやすくなるようにこだわっています。

洗面室の奥には、脱衣室・室内干しスペースがあります。



IMG_1374t.JPG
吹抜けに設けたシーリングファンは、1・2階の温度が均一になるように空気を循環させてくれる働きがあります。

空気が良く通る場所なので、洗濯物も良く乾きます。必要に応じて取り外しができる物干しバーを設けました。



IMG_1375t.JPG
7.5畳の寝室は床材を無垢材仕上げとし、ベッドに加えてデスクなどを配置できるスペースを確保しました。

さらにはWICを隣接させて、収納力も確保しています。



こちらのお家は性能にもこだわり、断熱材を厚みをアップ ・ 樹脂サッシを採用し、

床下エアコンと太陽光発電システムを導入したゼロエネルギー住宅です。

UA値=0.41、C値=0.1の数値を獲得し、より高気密・高性能なお家に仕上がりました。

ちなみに草津市の省エネ地域区分では 「HEAT20 最高レベルG2(UA値=0.46)」の基準を満たしています。



魅力たっぷりに仕上がった「草津の家」を

ご興味ある方はこの機会に是非一度ご覧ください!

オープンハウスのご予約はまだまだ受付中です↓↓↓

(コロナウイルス感染症防止のため、時間ごとの入場枠に限りを設けております。お早目にご連絡ください。)



≪ 草津の家 オープンハウス開催 ≫

8月28日(土)、29日(日) 10:00~17:00 ※要予約



【大津の家】ルームツアー②

  • 2021年8月20日14:00
~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~


こんにちは!

お盆休みが明けましたが、雨が続きすっかり夏も終わった気分です。


今回は「大津の家ルームツアー」第2弾をお送りします!

3階建ての2世帯住宅である大津の家は、2~3階が子世帯の居住空間になっています。

sa005.jpg
リビングは石目調タイル貼りをアクセントとした壁掛けTVと板張りの勾配天井が特徴です。

上部には間接照明を仕込んで、造作のTVボードは設置するレコーダーやスピーカーのサイズに合わせて設計しました。



sa015.jpg
ダイニングの上部は吹抜けとし、PCカウンターも設けました。

リビングのカーテンを開けると、10.5畳のデッキバルコニーが広がります。


sa044.jpg
少し高めのウッド調フェンスを設けて外部からの視線を遮っているので、プライベートな空間が確保できます。

スペースもかなり広いので、洗濯物やお布団干しはもちろんのこと、

ガーデニングやお子様のプールやBBQなどたくさんの用途に使えます。


sa024.jpg
キッチンはシンク前がオープンになっているので、家族の様子も見守ることができます。

油などが飛び散りやすいコンロ前はお掃除がしやすいようにキッチンパネル壁としました。

背面には造作のカップボードと、奥にはパントリーも計画して収納力はバッチリです。


sa027.jpg

キッチンの横には洗面脱衣室・お風呂を連続して配置し、家事動線を短くし行き来しやすいように計画しました。


sa036.jpg
お風呂は透明ガラスで圧迫感をなくし、洗面の壁色と合わせることで一体的な空間に仕上げました。

幅1.6mの広々とした洗面台は二人並んで身支度しても余裕があるスペースです。

背面には洗濯機と収納スペースがあります。


sa029.jpg
LDKに隣接して寝室とWICを計画しました。

将来ご夫婦は2階だけで生活が完結します。今はお子様のプレイルームになっているそうです。


sa046.jpg
3階の吹抜けスペースは洗濯物が乾きやすい場所なので、物干しバーを設置できるようにしています。


sa054.jpg

子供部屋は2室一体型とし、お子様が小さい間は家族みんなで寝るスペースとして、

お子様が置きくなってからは間仕切りできるように扉を2つ設けています。



以上、「大津の家ルームツアー第2弾」いかがでしたでしょうか。

ご興味がある方は、他にもたくさん施工事例の写真などをご紹介しているので無料相談会にお気軽にお越しください。



【大津の家】ルームツアー①

  • 2021年8月 7日16:00
~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~


こんにちは!

夏休みの時期に入り、猛暑日が続いていますね。。

現場も熱中症に気を付けながら工事していますが、皆様もこまめ水分補給行ってくださいね!




先日お引渡しした「大津の家」の竣工写真が出来上がってきましたので

今回はルームツアーという形で、お家の様子を少しご紹介したいと思います!

sa086.jpg
「大津の家」は、元々お住まいだったお家を解体して、2世帯住宅に建て替えています。

玄関別の半分離型の3階建て2世帯住宅です。

敷地面積が約41坪という決してめちゃくちゃ広いわけではない土地ですが、

建てられる最大限の広さをとって、各居室に加えてインナーガレージも計画しました。

sa067.jpg
1階はご両親とおばあ様の居住空間です。

暗くなってしまいがちな1階のリビング空間も天井までの大きな窓を計画し採光に配慮しました。

sa069.jpg
キッチン設備も親世帯空間に専用で設けています。

勝手口からは屋外物干しスペースへ出られるようになっています。


sa080.jpg
洗面脱衣室・お風呂も子世帯とは別で独立して設けています。


sa062.jpg
洋室を2室計画し、それぞれにたっぷりの収納スペースも確保しました。


sa078.jpg
子世帯の玄関ホール

収納上部には間接照明を設けて、絵や写真等を飾れるようにしました。

この玄関ホールへは、親世帯スペースからつながる扉を設けたので、

設備や空間はそれぞれ独立していますが、行き来はできる半分離型の2世帯住宅となりました。

sa076.jpg
階段下のスペースを使った土間収納

靴を置いたりする場所はどうしても汚れてしまいがちなので、

クロス仕上げではなくOSB合板で仕上げました。


sa018.jpg
(撮影:あかつき写房)

次回はルームツアー②にて、

2~3階の子世帯スペースの様子をお伝えしようと思います。

お楽しみに!!



~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~

【南彦根の家】アクセントカラー

  • 2021年7月31日10:41
春に完成して、現在外構工事途中の彦根の家では、白い空間を基調としながら、

タイルや照明、クロスでペールカラーのアクセントをいれています。


ヘキサゴンタイルの洗面.jpg
洗面の床にはサンワカンパニーのヘキサゴンタイルを

2色のタイルの並べ方はランダムにしましたが、見る方向によっては、少しお花っぽくもみえたりしますね・・・

カウンター上の壁面には名古屋モザイクのクラルテ(CLA-700)を。

全体にグレー系の落ち着いた雰囲気で、洗面の木の色合いと馴染みます。


キッチンと吹抜け.jpg

キッチンにはルイスポールセンのペンダント照明 トルボー Φ120を。

ブルーグレーとブラックの2色で落ち着いた感じに。

ペンダント照明のブルーグレーにつられる感じで、階段奥の壁にもブルー系のクロス(FE6132)を。


ペールカラーとオークのフローリングが、やわらかい癒し系の空間にしてくれています。


家づくりがスタートして、外壁の色をご相談しているなかで、どんなコンセプトの家にしたいか・・・

お施主様と議論して "やっぱり彦根に建つのだし、癒し系で!!" とまとまってから

家の方向がはっきりしたように思います。


ご家族ご家族によって、 どんな家にしたいか 

やりだして、見えてくるそれぞれの意見などをまとめながら

方向性を一緒に探して家づくりをしております。

<松本>

最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP