株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

<回遊する家>12/3見学会開催!!

  • 2017年11月28日17:00


こんにちは。

今回は、今週末に開催する「OB住宅見学会」のお家を

ご紹介します♪



「東近江の家」は今年の6月に竣工・お引渡しをした

竣工6ヶ月目のお家です。

現在オーナー様ご家族がお住まいですが、

今回OB見学会を開催させていただくことになりました!

オーナー様ありがとうございます。


IMG_2615.JPG
こちらの写真は竣工時のLDKの写真ですが、

OB見学会では、家具などが配置され、実際に生活されている様子が伺えるので

より新しいお家での暮らしについてイメージしやすい機会となっています。

ダイニング横のスタディーカウンターから外を眺む景色や

リビングに隣接した小上がりの和室など

実際にフライング・シーのお家の空間を体験いただけます。



IMG_2634.JPG
このお家の特徴は、打合せを重ねさまざまなプランを検討して出来上がった

使い勝手を重視したプランニングにもあります。

キッチンの中心にグルっと回遊するプランは

裏手にトイレや階段、パントリー、勝手口、洗面室を配置しています。

奥様の滞在時間の長いキッチンから、裏側の水周りのアクセスを良くしています。





IMG_2625.JPG
Ⅱ型のシステムキッチンには、海外製の食洗機を組み合わせています。

その他、天井にはリアルパネルという木目調の材料を使ったり、

カウンターやタイル、ステンドグラスなど、さまざまな素材についてもご覧いただけます。


IMG_2628.JPG
こちらのお家では、もう1つ回遊できる場所があります。

それは、玄関です。

玄関扉を開けると、玄関ホールとは別に、土間収納へと続く扉があります。



IMG_2632a.JPG
土間収納と収納が連続し、合計5帖もある収納スペースは、

靴やアウトドア用品の他にも、お子様の学校の道具や、

コートを掛けることが出来るスペースなど、たっぷりの収納力です。

壁に設けた穴が空いたボードは有孔ボードといい、

好きな場所にフックをかけることで、引っかけ収納も可能になります。


IMG_2642.JPG
こちらは2階の寝室の様子です。

ウォークインクローゼットと連続した寝室は、

勾配天井になっており、7.5帖の空間の広がりを是非体験していただきたいです。




その他にも見どころたっぷりな「東近江の家」

どんなお家に住みたいかな。とお悩みの方も是非一度ご覧いただけると

お家づくりのイメージの参考になるかと思います!

まだ空きがありますので、お早めにご予約ください!!



12/3(日)のOPEN HOUSEの詳細については




<白井>


【近江八幡の家】建て方工事

  • 2017年11月24日12:00
こんにちは、先日行われました、【近江八幡の家】の建て方工事の様子をお伝えします。

朝から構造材などの材料の確認、職人さんの体調などの確認、工事手順の確認をします。

現場責任者の林と共に、本日は私田中も工事監理の補助を行います。

確認が完了すると工事開始です。

20171124 (8).JPG始めは1階の柱を立てて梁でつないでいきます。

写真は和室の大黒柱を立てて、その上に梁をかけているところです。

梁材は重いので、レッカークレーンでつり上げて所定の位置まで持って行きます。

今回のクレーンオペレーターは丸辻クレーンの三橋さんです。

木造だけで無く、鉄骨の建て方や、無線を使ってのクレーン操作など難しい工事の経験のある熟練のオペレータさんです。

20171124 (7).JPG
1階の柱、梁の施工が完了すると、2階の床板、柱を施工します。

2階の梁を施工するとだいたいお昼になり、休憩を取ります。

IMG_4441.JPG
昼からは小屋組(屋根部分)を施行していきます。

写真は母屋(屋根の部材)をクレーンで移動しているところです。

この時気づいたのですが、朝は雨が降りそうだったのに、天気が晴れになっています。

20171124 (1).JPG
野地板(屋根下地の合板)を施工しているところです。

弊社では屋根部分に補強の金物を付けているので、垂木を流れ作業で施工せずに金物の位置を確認し施工していきます。

私達現場管理側はその間に金物の施工し忘れが無いかなど、チェックします。


20171124 (3).JPG
夕方になりました。

職人さん、オペレータさん、みんなの協力のもと、この日の工程は終わりました。

工程の完了はもちろんですが、全員が怪我無く、そして災害も起こらなかった事に感謝しながら、

上棟式の準備に取り掛かりました。

その様子は後日お伝えします。

お楽しみに♪

〈田中〉

【五個荘の家】内装工事

  • 2017年11月21日14:00

こんにちは。

東近江の家の工事の様子です。



IMG_3183.JPG
外観は仕上がり、周辺の配管等の掘削工事を行っています。

外壁は1階部分を焼板貼り、2階部分をジョリパッドという塗り壁で仕上げています。

リビングにある掃き出し窓の前に木格子を付けて、道路からの視界を遮り、

お施主様からのご希望であった和造りの家に仕上がりました。



IMG_3161.JPG
内観の様子です。

リビングの壁の一部をウッドタイル貼りにしました。

下部は無垢板を使ったTVカウンターです。

室内のアクセントになります。




IMG_3177.JPG
現場では、工事担当 國領が住宅設備等の設置の確認を行っていました。

キッチンの後ろのカップボードも今回は、既製品のものをお選びいただき

機能性・収納力も十分なキッチン周りになります。



IMG_3182.JPG
ダイニングの脇には、造作でつくった本棚+デスクカウンターです。

造付家具にすることで、家具自体が構造に固定されるので

地震の時などに倒れない、安心の家具となります。

工事の段階でご支給いただくと、ご購入された家具なども固定することが可能です!



いよいよ工事も終盤となりました。

仕上がりをお楽しみに☆


<白井>


【ラコリーナ近江八幡】ユタ大学 学生研修

  • 2017年11月17日10:00
こんにちは、紅葉が始まりましたね。秋の深まりを感じます。

そんな中、【ラコリーナ 近江八幡】に、
アメリカのユタ大学の学生さんが、日本の建築を学びに研修に来られました。

20171115 (1).jpg
まずは実物を見学しながら、建築達を藤森先生が解説されています。

補助として銅屋根、草屋根、その他ラコリーナの建物の共同設計をした中谷(写真右奥)、松本が同行しました。

20171115 (2).jpg
20171115 (4).jpg

その後に銅屋根にて、藤森先生が講演を行われました。

写真は会場に向かう途中です。

斬新な素材の使い方に、

学生さん達は終始興味津々な様子でした。

20171115 (5).jpg
講演では、設計に当たっての考え方、素材に対するこだわりを解説されました。

写真は「焼杉」の作り方について解説されているところです。

藤森先生は日本語で講義され、通訳さんに訳してもらいながらのお話でしたので

私達も話の内容を理解することができました。

学生さん達も、新しい考え方に触れて、良い経験となったのではないでしょうか。

彼らの活躍にも期待ですね!

〈田中〉



【五個荘の家】内装仕上

  • 2017年11月14日18:00

こんにちは。

東近江の家では、内装が仕上がってきました。


IMG_3166.JPG
焼き杉貼りの外観が特徴の玄関を入ると、

木目がキレイな原板を使った玄関収納カウンター部分に、

半円状に壁をふかして、間接照明を仕込めるようにしています。

壁も珪藻土塗りを施し、和のテイストに仕上がりました。




IMG_3163.JPG
玄関からすぐ隣には和室があります。

6畳のたたみスペースに、床の間、仏間、押入のスペースです。

珪藻土クロスと、玄関から連続した杉板貼りの天井にしています。



IMG_3181.JPG
2階へ上がる箱形階段の下部分の収納スペースとして

空間を余すこと無く利用するプランニングをしています。

掃除機などの背の高いものも収納することができます。

隣には、高さ調節が可能は可動棚で小物に合わせて収納たっぷりに。



IMG_3173.JPG
2階の居室は、プライベートな空間なので

近隣からの視線も考慮した、ハイサイドの窓を採用しています。

明るい光が上から降り込んでくることで、天井が照らされ、部屋全体を明るく感じやすくなります。



これから照明器具などの器具付けを行います。


<白井>

最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP