株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

【近江八幡の家】基礎工事

  • 2017年10月30日10:00
こんにちは、もうすぐ11月ですね。

【近江八幡の家】では、基礎工事の最中です。

20171030 (1).JPG基礎工事は、まず整地から始まります。

写真右奥の棒を持って立っている職人さんが地面の高さを測っています。

20171030 (2).JPG
高さが決定されると転圧をかけて地面を固めます。

この後、高さを測り、再度転圧する工程を繰り返して行き、精度の高い

この作業をしっかりすることにより、基礎の高さが一律で正確になり、精度の高い施工が可能になります。

精度の高い施工でないと気密性は担保されないので、重要な工程です。

今回担当の、基礎屋さん〈政浩基礎〉は10年以上も弊社での実績があり、

気密や断熱など設計者の意図をよく理解してくださっている心強い業者さんです。

20171030 (3).JPG
数日あとには鉄筋工事が始まります。

鉄筋を施工する際は、場所により、補強筋の本数が違うので、

そこにも注意しながら施工してもらいます。

今回の担当は〈四恩鉄筋〉さんです。

先程の〈政浩基礎〉さんと同様、弊社での10年以上の実績があり、

非常に几帳面な業者さんです。

鉄筋工事が終わると型枠を施工しコンクリート打設に移っていきます。

進捗は順次お伝えします!!

〈田中〉

【草津の家】竣工1年後の様子

  • 2017年10月24日16:00


こんにちは。

台風21号が過ぎ去り、各所で被害のニュースが相次いでいますね。

みなさんは大丈夫でしたでしょうか。


昨日も朝早くから、スタッフにて各現場の状況確認等を行いました。





今回ブログでは、今月初めにOB見学会を開催させていただいた、

「草津の家」の様子についてお伝えします。

IMG_2660.JPG


草津の家は平成28年の2月末にお引き渡しをした、竣工1年半のお家です。

旗状の敷地を活用した、アプローチの部分は駐車場とガーデンスペースとしています。

今では緑がぎっしりと元気に育ってくれていました!


IMG_2662.JPG
オープンハウスでは、このアプローチ部分に外壁や、床材など

このお家で使った材料などを屋外展示していましたよ。




IMG_2664.JPG
リビングの様子です。

南北方向にある開口と、南側の吹抜から明るい日差しが差し込みます。

階段と一体に製作した造作本棚には、

雑貨や植物などたくさん可愛くディスプレイしてくださっていました!


IMG_0200.JPG
キッチン周りも、オープン棚にはディスプレイとして魅せられるように食器や植物が♫

カウンター下部の収納には扉を付けているので、すっきりと収納力も十分です。


IMG_0201.JPG
ダイニング奥には、奥様の作業スペースとパソコンコーナー

アクセサリー作りを出来るようにとL字型に広くとったカウンターも

活用してもらえている様子で嬉しい限りです♪




新築時の様子とは違って、家具や小物が置かれた様子は

実際の生活のしやすさなどがイメージしやすい機会かと思います。

次回のOB見学会開催の際も、NEWS欄にて告知しますね☆



<白井>

【五個荘の家】現場打合せ

  • 2017年10月18日10:00
こんにちは、今日は五個荘の家で仕上工事の打合せを行いました。

20171018_1 (1).JPG
内装の打合せはお施主様がイメージしやすいので、弊社では現場で行うようにしています。

意匠的なことは松本、施工の面は國領が説明していきます。

カタログ・サンプルを参照しながら提案を説明していきます。

20171018_1 (2).JPG
木材の上には左官塗りのサンプルが置かれています。

玄関は天井・壁を珪藻土の左官塗りとしています。

左官仕上の場合、模様のバリエーションが多いので、何種類か厳選して

提案しています。

20171018_1 (3).JPG
他の部屋はクロス貼りで仕上げます。

部屋ごとにクロスの提案を行います。

内装のパターンは1種類だけで無く、お施主様の好みに応じて想定される提案を

何案か松本が作成し、選んでいただきます。

場合によっては大きめのサンプル(松本が持っているもの)

を取り寄せます。



施工完了している部分の紹介を少しだけ。。

玄関の天井は、杉板貼りとなっています。

20171018_1 (4).JPG
杉は赤みがおおいもの、白みが多いものと様々ありますが、

今回は赤と白の混じっている源平という種類の板を採用しています。

源平とは、平安時代に平氏と源氏がそれぞれのシンンボルカラーを白と赤にしていたことに由来し、

板毎に違う表情をもつので、内装にアクセントを与えています。

壁は左官塗りなので、全てが仕上がったときにどうなるか楽しみですね。

そういった進捗はまた順次お伝えしますのでお楽しみに♪

〈田中〉

【東近江の家】外構完成

  • 2017年10月14日09:00

こんにちは。

秋の季節に近づいて来ましたね。



9月末頃 外構工事を行っていた東近江の家のお庭が完成しました。


IMG_2716.JPG
もともと、芝生とコンクリート土間だった母屋と小屋の間のスペースを改修し、

2台用のカーポートを供えた駐車スペースと、母屋玄関までのアプローチを仕上ました。

IMG_2718.JPG
玄関へ向かうアプローチは割石タイルの乱貼りでなめらかな曲線で結び、

その通路の脇には、黒竹やマンリョウなどの植物で植栽をし、

母屋の外観に合わせた和庭をイメージして仕上ました。

石の間には、ヒメイワダレソウを植え、将来的には目地の間が緑で埋まることを想定しています。



IMG_2719.JPG
小屋の前には、カーポートを設けました。

木目調のフレームで周囲の雰囲気となじむカーポートとし、

熱線吸収タイプのポリカ屋根で、日差しによる車内に熱が籠もるのを防ぎます。

母屋と小屋をつなぐ通り道には、改修前にあった石材を再利用しました。

駐車スペースの目地には、タイムを植え、玄関前と少し雰囲気を変えています。


これらか寒い季節を乗り越えて、来春にはより青々とした緑が育ってくれるように祈ります。



<白井>

〈藤森照信展〉―自然を生かした建築と路上観察

  • 2017年10月 9日12:00
こんにちは、今回は広島現代美術館で開催された藤森照信先生の展覧会に

行ってきましたのでその様子をレポートします!

20171010 (1).JPG

今回の展示のテーマは「自然素材をどう現代建築に生かすか」「植物をどう建築に取り込むか」
で、ラコリーナでのものづくりで藤森先生と中谷達が日々試行錯誤してきた課題でもあります。

展示観覧は藤森先生とご一緒させていただきました。

20171010 (8).JPG
ラコリーナの展示では冊子を先生自ら捲りながら解説や思い出話をしてくださいました。

どういったことを考えながら、建築空間をイメージしていくのか直に聞くことができました。

20171010 (3).JPG
正面に展示されているのはたねやさん社屋〈銅屋根〉の埴輪模型です。

原料は現地の土〈蒲生土〉で草屋根の壁にも使用されています。

埴輪模型なので、実際に土を成型し焼き上げて製作しています。

製作は、藤森先生、中谷、たねやさんスタッフの方々で行われました。

20171010 (4).JPG
これは、ラコリーナと同じく近江八幡にあるルーフハウスの模型です。

切り株から切り出して製作されています。

藤森建築の模型は実物同様、素材感にとことんこだわったものばかりでした。

20171010 (6).JPG
松本の前にあるのは、屋根の断面模型です。

一番右にあるのがラコリーナで採用された断面で、

草屋根で施工されました。

屋根に植物をどうやって根付かせるか?

意匠だけでなく、設備までもを創作していく、そんな日々の試行錯誤の経緯を見ることができました。

どこまでも妥協しないものづくりの姿勢を感じることができ

非常に刺激のある出張となりました。

〈田中〉


最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP