株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

【ラ コリーナ近江八幡】銅屋根 御神木移植

  • 2015年9月28日17:00
ラ コリーナ近江八幡で現在進行中の銅屋根工事が

先日一大イベントを迎えました。


P1020584.JPG
樹齢200年ほどにもなる、巨木を建物内に移植する作業です。

P1020595.JPG
総重量23トン。高さ約12メートル。

朝早くから現場には緊張の空気が漂っていました。


P1020599.JPG
倒れないように、枝が折れてしまわないように

しっかりとワイヤーを固定して、クレーンで吊って移動させます。

P1020613.JPG
現場には角度や位置などの指示が飛び交い

多くの人が見守る中、御神木はゆっくりと所定のポイントまで運ばれていきます。

IMG_8140.JPG

大木が宙に舞う姿は、ヒヤヒヤながらも

不思議な光景でした。



IMG_81602.JPG

ようやく地に根を下ろしたときには、みなさん安堵の表情。


P1020617.JPG

この御神木は屋根の貫いて、本社建物の展望棟と同じくらいの高さまである

ラ コリーナのシンボルツリーとなります。


現在鉄骨建て方も進んできていますtの出

またその様子もお伝えします!



<白井>

【ラ コリーナ近江八幡】銅屋根 銅板曲げWS

  • 2015年9月16日14:00


9月12-14日の3日間で

ラ コリーナ近江八幡 「銅屋根」の

銅板曲げワークショップを開催しました!!


現在工事中の、たねやグループの本社施設に付属する

5階まで約20メートルの高さの展望塔の外壁を波状に折り曲げた銅板で覆います。


この曲げる作業は手作業で行います。

そこでワークショップにてみなさんにご協力いただきました!


WS2_ページ_1.jpg
1日目は 中谷も所属する滋賀県建築士会の方にお越しいただき、

工事敷地内の案内を含め、銅板曲げの体験をしていただきました。

建築士の方々からの質疑応答も飛び交い、おおいに盛り上がりました。



2日目は 滋賀県立大学・京都大学・成安造形大学・京都工業繊維大学の学生さんにご協力いただきました!

藤森先生による草屋根の案内も、学生の皆さん真剣な表情で聞いてくださいました。

銅板曲げの作業も和気あいあいと元気に進みました。


WS2_ページ_2.jpg
3日目はたねや様スタッフと現場スタッフにて残りの銅板曲げ作業です。



この3日間で 合計5500枚 の銅板を曲げていただきました!

皆さんが折ってくださったこの銅板を使って銅屋根が仕上がっていきますので

ぜひ楽しみにしていてくださいね☆



<白井>



【ラ コリーナ近江八幡】草屋根 雑誌掲載

  • 2015年9月15日13:00



9月5日発売の コンフォルト 10月号に

ラ コリーナ近江八幡 「草屋根」がまたまた紹介されました!!



「特別企画 近江八幡の自然とひとをつなぐ 草屋根」 として

計14ページにもわたって紹介して頂いてます。


IMG_8121.JPG


藤森照信先生と共同設計者として

代表中谷のコメントも掲載されています!


中谷は、先生が描いてくださったスケッチをもとに

実施図を作成し、詳細についても検討を重ねながら

先生の作品を実現するために工事監督、完成後もメンテナンスを含め

ノウハウを蓄積しながら、サポートをさせていただいています。



現在も工事中建物 「銅屋根」、計画中の「栗百本」など、

先生と綿密に打ち合わせを重ねながら進行中です!!



また、他にも草屋根の取材を多数受けていますので

今後の掲載情報もお楽しみに☆


<白井>



【ラ コリーナ近江八幡「炭壁」】地鎮祭

  • 2015年9月 4日14:00

先日に引き続き、近江八幡では

藤森先生との共同設計作品「炭壁」の地鎮祭が行われました。


今年の1月に「草屋根」がオープンして以来、

たくさんのお客様に来場頂いていることにより

今回トイレ施設を増設することになりました。

そのトイレ棟の作品名が「炭壁」です!



DSC02349.jpg
地鎮祭の前日の豪雨で、

地面がぐちょぐちょに......

急遽スポンジで排水作業を行いました。


DSC02372.jpg
何とかぬかるみも収まり

快晴の中、地鎮の儀が始まりました。


DSC02384.jpg敷地のお祓いをしていただきます。

DSC02391.jpg

DSC02407.jpg現場所長 山本による 斎鍬(いみくわ)の奉仕


DSC02415.jpg
代表 中谷により 玉串の奉納です。

工事の安全を祈願します。




「炭壁」は、名前のとおり 焼杉貼りの炭の外壁が特徴の建物です。

内部も、床と壁面に人研ぎ仕上げという

セメントに大理石などの石を混ぜて塗り、手作業によって研磨することで石が削られ表情が現れる

という手法をふんだんに使った作品となります。

また施工の様子をお伝えしていこうと思いますので

お楽しみに!!


<白井>

【東近江の家】地鎮祭

  • 2015年9月 1日16:00

8月の末に東近江市での新たな物件が

地鎮祭を迎えました!


09.35.41.jpg
農地からの開発工事を行い、土地の造成されて

ようやく建物の工事に入っていきます。

09.42.33.jpg


09.49.22.jpg
宮司様と一緒に現場担当の国領が土地の四隅をお浄めします。

09.55.32.jpgご主人様による 斉鋤(いみすき)の奉仕

施工者国領による 斉鍬(いみくわ)の奉仕により 地鎮の儀を行います。

10.00.40.jpg
ご家族の皆様にも玉串を奉っていただきました。



あいにくの天候でしたが、

土地の安全と、これから始まる工事の安全を祈願した儀式を

無事に終えることができしました。


また工事の進捗状況をお伝えしていきます。


<白井>


最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP