株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

緑化屋根の芽吹き

  • 2014年3月31日09:00
昨年秋に竣工した京都大学の小林先生との共同研究物件の『たねや農藝』さんでは、2月にお引越しを終え、山野草の生込み工房として動きだしています。
冬は雪に埋もれてひっそりしていた緑化屋根では、周囲からやってきた草の種から白やピンクの花が咲き、少しづつ緑に色づいてきました。

山野草栽培の工房_R.jpg
草屋根 芽吹き_R.jpg
足元には裏山の竹林整備で伐採した竹から作った手作り竹チップが敷かれています。
チップのサイズが大きい場所は、歩くたびにカラカラと音がして新鮮な歩き心地です。

山野草の生込み_R.jpg
生込み作業_R.jpg
人研ぎのシンク その後_R.jpg
左官職人さんが手間暇かけて作ってくださった大きな人研ぎシンクも大活躍しています。
こちらでは、季節ごとのお花を生けて滋賀県外を含めた各地の店舗へ届けられます。
心を研ぎ澄まして生け込みされる光景も・・・

春の訪れを感じる『桜草』 をひと鉢購入して家に飾っています。
小さい鉢植えなのですが花瓶に生ける切花とはまた違ったホッとする感じがあります。

ちょうど、今日は桜草を使った大きな舟鉢をつくられていました。
原っぱのような生け込みで心が和みます。。。

春の生込み_R.jpg
<西野>

春らしくなってきました。

  • 2014年3月27日10:00

ようやく春らしい季節になってきました。

事務所のまわりも少しずつ春の装いです。

暖かくなってくると、外での作業もしやすいですね。

 

FC140318.jpg

年度末引渡しの物件は、これから外構工事へと入っていきます。

住まいから見える風景や、玄関までのアプローチ、

ちょっとしたスペースでも季節を感じられる場所はつくることができます。

 

週末に家族で庭いじりも楽しい行事ではないでしょうか(^^)

(花粉症のつらい季節でもありますので、対策はしっかりと必要ですが...)

 

ぜひご家族で、住まいはじめてからの「家づくり」を週末などにチャレンジしてみてください♪

<牧野>

birthday cake '14

  • 2014年3月25日10:18

Happy Borthday !!_R.jpg
カーズのケーキ☆_R.jpg
クラブハリエさんで毎年オーダーしている家族の誕生日ケーキ、今年はカーズをテーマに作って頂きました!

今までのデコレートケーキと違って、マジパンと呼ばれる砂糖菓子を使って車の形にしてくださいました。
切る時は、少し堅いので温めたナイフで切るそうです。
これはスペシャルな誕生日になりそうです。

毎年色々なリクエストに応えてくださるシェフ、今年もどうも有り難うございます!!

<中谷>

【大津の家】 社内検査

  • 2014年3月21日10:00

週末オープンハウスが行われる【大津の家】で、

工事完了後、スタッフで仕様や設備をチェックする社内検査を行いました。

 

 

大津T社内検査.jpg細かいキズやクロスの仕上がり、

建具の動作状況や、給排水設備のチェックをします。

一部手直し箇所の指摘があったので、引渡しまでに補修や手直しを行います。

 

明日からオープンハウスを行います。

ぜひこの機会にフライング・シーの住まいをご覧ください。

<牧野>

 

 

ラムネ温泉視察

  • 2014年3月17日08:22
現在近江八幡にて建築家の藤森照信先生と共同設計した店舗の工事が始まっています。
店舗内装や松の植え方などの参考に先生が大分で取り組まれた温泉施設を見学にいきました。
熊本空港から車で2時間ほどの場所にある長湯温泉という、隠れ家的温泉町です。
夏には大賑わいの温泉とのことですが、冬は常連さんメインでゆっくり温泉を楽しむことができました。

ラムネ温泉全景.jpg
ラムネ温泉オカメザサ庭.jpg

アコヤ貝埋込み壁.jpg
ラムネ温泉休憩所.jpg


天井の低いテラス.jpg
大きく育ったオカメザサ(笹)の庭のを囲んでポコポコと温泉棟が連なります。
屋根のてっぺんには藤森先生の建築にはつき物の「松」がすっくと伸びています。
屋根の上の松が元気に育ち続けることは難しいなか、この地の松は8年ほど経っても元気そうです。
現在、先生と共同設計させて頂いている店舗でも屋根の松がうまく育ってくれますように・・・

ラムネ温泉を見学して、そのスケール感が心地よいことに驚きました。
建物のサイズも写真で想像していたよりもコンパクトで、そこにいる人にすっとフィットするような感じがします。
軒の高さ、入り口の高さ、部屋の広さなど・・・なんともいえない。
庭のオカメザサも、道に沿ってまるく刈り込まれていて、心地いい。

内風呂の曲面の浴槽は断熱材として知られるスタイロフォームで形作り、しっくい塗りで仕上げておられます。
8年経つと温泉水の鉄分などと馴染んで少し赤みがかり、しっくいとは分からない感じです。
スタイロフォームにはこんな可能性も潜んでいたとは・・・。
ラムネ温泉、少し遠い場所ですが、会があれば是非訪れてみてください。

今回の視察でも藤森先生の魅力を様々感じることができました。
近江八幡のお店も楽しいお店にしたいです。

Lamune温泉の露天風呂.jpg
<西野>

最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP