株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

お引き渡しと家具工事 【八幡の家】

  • 2014年1月31日18:00

先日オープンハウスを開催した【八幡の家】の引き渡しが終わりました。

 

外構工事など、もう少し工事は続きますが、

ひとまず無事に建物の引き渡しが完了でき、ほっとしています。

 

西庄家具.jpg引っ越しの前に、イケアのTV台を大工さんに設置してもらいました。

家電が入る前ですが、少し生活感が見えてきたように思います。

<林>

人研ぎのオリジナルシンク

  • 2014年1月28日15:00
京都大学の小林先生との共同研究物件では、
山野草の生込み作業用のシンクを左官仕上げで製作中です。
昔、小学校の手洗い場などでみられた、さい色石の入った"人研ぎ(ジントギ)という仕上げをして頂いています。

人研ぎ上塗り_R.jpg
人研ぎ 仕上がり予定_R.jpg
上の写真は人研ぎの仕上げ前の、上塗り段階の様子です。
上塗りのあと、数日あけてからサンダーで削って、研ぎ出せば人研ぎの完成です。
少し、小さなサンダーで削る作業をさせて頂きました。なかなか腕の痛くなる作業です!!

人研ぎ サンダー研磨_R.jpg
人研ぎ 仕上り.jpg
色味は、床と合わせてグレー系ベースに、白い石・赤い石を散りばめています。
塗れるとまた違った色あいにみえる面白い仕上げです。

ブルーシートで囲った中での作業、確かになかなか厳しいと感じましたが、いい具合に仕上げて頂き職人さんに感謝です。
6ヶ所のシンクを仕上げるため、数日かけての研ぎ出し作業が続きます。。。
<西野>

薪ストーブ Bullerjan

  • 2014年1月24日09:00
京都大学の小林先生との共同研究物件でいれさせて頂いた薪ストーブの試運転を行いました。
日本に2年ほど前から入るようになったドイツのボラヤンというストーブで、ユニークな形をしています。

薪ストーブ bullerjan_R.jpg
薪ストーブ 試運転_R.jpg
東近江のマックスウッドさんに薪などを用意して頂き、初着火! 
ストーブの着火にもポイントがあり、最初は細い薪を並べて火をつけた紙を入れ、一旦扉を閉めます。
そこで上昇気流を起こしてから扉をあけて大きな薪を投入します。
ガラスからみえる炎は、なんとも暖かい気持ちにさせてくれますね。

上下にある筒状の管は空気の通り道で、下から冷たい空気を取り込み、熱くなった空気は上から出ていく。
シンプルな仕組みからきた形のようです。
丸い形がなんとも愛らしい。このストーブなら、薪も大きなまま入れることができそうです。
 
2月から、ここで山野草の生込み教室が開かれる予定で、ストーブの活躍する日ももう間近・・・
<西野>

【八幡の家】オープンハウスにむけて

  • 2014年1月22日11:42
今週末にオープンハウスを予定している近江八幡の家では、
現在玄関前のアプローチなどの工事をしています。
引き渡し前にスタッフ全員で確認などを行いました。

家の所々に電球色の間接照明が設けられ、あたたかい雰囲気がひろがります。

寝室のあかり_R.jpg
吹抜けホール_R.jpg
吹抜けのダイニング_R.jpg
外観 勝手口側から_R.jpg
ダイニングの天井は吹抜けになり、2階ホールに立って1階の家族と会話する光景が浮かびます・・・

この敷地は前後を道路に接しており、
家の両面からのアプローチを考えたつくりになっており
上の写真は玄関側とは反対の勝手口側外観で、
勝手口からデッキにむけてうまく軒下空間をとっています。

その他にも、各所に工夫がこらされた近江八幡の家へ、是非見学にお越し下さい。
<西野>

【能登川の家1】 吹き付け断熱工事

  • 2014年1月18日18:00

ゼロエネ住宅の補助金と東近江市第1号の低炭素住宅の認定をとっている【能登川の家1】の

現場レポートです。

年末に建て方を終え、現在吹き付け断熱工事、電気・給排水設備工事が進んでいます。

 

能登川H_断熱.jpg 

ゼロエネ住宅の補助金の取得と低炭素住宅の認定を取っている【能登川の家1】ですが、

 住宅のゼロエネルギー化推進事業→http://www.zero-ene.jp/zeh/mlit/first_decision.html

 低炭素住宅認定制度とは→http://www1.fukuicompu.co.jp/eco_standard/lowcarbon/index.html

断熱性能は、滋賀県で求められる基準を大幅に超え、

長野・新潟・東北の一部に求められるさらに厳しい断熱基準をも超えています。

 

また住宅で他に熱の出入りの大きいところは、開口部と換気による熱損失が大きいのですが、

サッシは全てLow-Eのペアガラス、換気方法も熱交換型の第一種換気を採用し熱ロスを防いでいます。

 

照明器具は全てLED。

ゼロエネ住宅の認定に必須 の太陽光発電もあり、暮らしのランニングコストをおさえます。

住まいの「暮らしやすさ」を省エネという基準でも考えるのは、

これからの家づくりでは欠かすことが出来ないと私たちは考えています。

 

来週末オープンハウスをする【八幡の家】も断熱性能や省エネを考慮した住まいです。

家づくりの参考にぜひお気軽におこしください。

<芹田>

最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP