株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

材料検査

  • 2011年5月27日17:00

当社では構造材の材料検査を行っています。  

今回は滋賀県産の桧の柱を検査中です。柱に関しては1等級という等級の柱ですので節があります。無垢の木ですので節の多い面少ない面等色々ありますがどこにどれをもってくるかの選り分けは無垢材を使う時の大事なひと手間になります。

 

構造の柱を見せてくる真壁というつくりの時に、柱に「背割れ」という切り込みを入れます。これを入れることで柱の表面の割れを防ぎます。写真では分かりにくいかもしれませんが、背割れの間に何箇所か木を挟んで無理やり背割れを開かせています。これは将来徐々に柱が乾いて背割れが開き壁との間に隙間が生じるのをできるだけ防ぐためで、この作業を「矢を射る」といいます。家が完成すると見えなくなくるので工事中に注意してみて頂くと「矢」を見つけることができます。

 

倉庫での柱の置き方にも工夫がみられました。このように背割れ面を上に向けて積むと運ぶ際にもし何かが当たっても傷がつくのは隠れてくる面ということです。細かい気配りに関心です。 

一年で一番日差しのきつい季節となりますのでこの後も安全に上棟へと進めていきたいです。 

<西野>

  02.jpg材料04.jpg

建方日和

  • 2011年5月24日10:00

misonojyoto.JPG栗東の現場の建方を先日行いました。

3物件続く建て方の一番最初の現場ということで、雨で延期がないようにと心配していましたが、その日は快晴、建方日和となりました。

 

一般的な大きさの2階建ての住宅だと、その日のうちに大方の姿・形が明らかになります。

柱と梁のみで構成された空間は、実際内装が仕上がった空間より広く感じますが、模型でみていた空間構成を肌で感じることが出来ます。

また今までイメージだけでお伝えしていたものが実際の建物を目の前にすることで、設計する私たちとお施主様の相互のイメージの共有が容易になり、今後の打合せでさらによりよい住まい方への提案につなげていくことが出来ます。

 

 

misonoshinji.JPG建て方は夕方までに屋根の野地板を伏せて、防水のルーフィングを敷くところまで完了し上棟式となりました。

お施主様には親戚一同にお集まり頂き、神事と直会を行いました。

 

当現場は長期優良住宅の認定をうけています。

その普及促進の役目を担う構造見学会を、6月5日、6日の両日共10:00から17:00の時間帯で行います。

見学をご希望の方はお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

 

<芹田>

3現場上棟です。

  • 2011年5月16日10:00

GWも早々と過ぎて、新緑が美しい季節になりました。

フライング・シーでは今月3現場で上棟を迎え、また新規着工の段取りなどスタッフ一同が一丸となって

準備を進めています。

 

このホームページでも「私たちが考える家づくりとは」というページで紹介していますが、弊社では家の

骨組みである構造にも力をいれて設計しています。

自社で構造計算を行い、長期優良住宅の認定基準である「耐震等級2」を標準としています。

構造は建物が完成すると隠れて見えなくなってしまう部分ですので、これから家づくりを考えていらっしゃる

方には建物のデザインだけでなく、この構造の部分にも重きをおいて家づくりを進めて頂ければと思います。

 

日にちは未定ですが、この構造の現場見学会も計画しています。(5月末から6月初旬頃)

会場は草津・栗東・近江八幡の何れかになります。

見学ご希望の方はお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

 

休暇を利用して有名建築を巡る旅行にいくことが多いのですが、今回のGWには山陰にいってきました。

いくつか回ったのですが、写真は鳥取県の三仏寺「投入堂」です。

絶壁に建物をはめ込んだ様な特異な立地の寺社建築で、投入堂までの登山道が険しいことでも有名です。

国宝である投入堂以外にも重要文化財である地蔵堂や文殊堂など見所が多いので、山陰へ足を伸ばす

機会があればぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 <牧野>

nageiredou.jpg 

 

 

最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP